ディオールの初めての香水となったミス・ディオール

カトリーヌのイメージで

ディオールの歴史の一つとして、活躍し始めた当時のフランスは、ドイツの占領下にあった時代です。
そんな中、ディオールの妹であるカトリーヌは、ドイツにとらわれてしまいます。
その容疑は地下組織のレジスタンスに加担したということだったのです。
のちに解放されることにはなりますが、ディオールはその妹をたたえ、最初に作った香水にミスディオールと名付けることとします。
これが1947年のことで、前年にメゾン・クリスチャン・ディオールを設立したばかりでした。
この年にパルファン・クリスチャン・ディオールを設立した際の最初の作品が、ミス・ディオールだったのです。

ディオールに対するあこがれを作る

1946年にメゾン・ディオールをオープンします。
すぐにニュールックを発表し、世界中の女性を虜にすることになるのです。
ミス・ディオールも、このニュールックのドレスに合わせるように調合されました。
ニュールックのドレスを着た女性とすれ違うと、ミス・ディオールの香りがするのです。
美しい佇まいと香りという両面によって、ディオールのブランドとしての地位が確立されていくことに理ました。
だれもが振り返ってしまうような香りは、ディオールに対するあこがれと変わって行くのです。
それだけ斬新であり、当時ほかに存在するものがなかったといっていいでしょう。
先見の目を持ち、それを投入できたところが、ディオールであったといえるのです。

自由な気風の香りを

ミス・ディオールの香りは革命を起こします。
ニュールックと合わせ、モダンで洗練された香りをまとうことは、ひとつのあこがれになるのです。
その香りを作るためには、調香師ポール・ヴァッシュの存在が欠かせませんでした。
ポール・ヴァシェに依頼したことは、たったひとつだったといわれています。
それが、愛のようなフレグランスを作って欲しいということだったのです。
この問いに答えを出せるほど、ポール・ヴァッシュは優れた能力を持っていたといっていいでしょう。

エレガントな香りでありながらも、どこかにいたずらっぽさを感じさせるのは、妹カトリーヌの存在があったといっていいでしょう。
基調となっているのはグリーンフローラルで、そこに動物性の香料をブレンドしてあります。
シプレー系の香りが気品と優雅さをプラスしているのも、これまでの常識にとらわれない配合といえるでしょう。
これが、ニュールックを象徴する香りとなり、ディオールのもつ自由な気風を表現することとなるのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ディオールの中でも独自の香りを作り出すジャドール

ディオールが大好きだった言葉をイメージしたジャドール

フランス語で大好きという言葉のジャドールは、ディオールを代表する香水です。
ジャドールという言葉をクリスチャン・ディオールは大変愛していました。
情熱的でありながらも、今よりも未来の希望ということにつながりやすい言葉といえるでしょう。
そのまま香水に名付けたのは、しっかりとした意味があったのです。

ジャドールが、多くの女性たちから愛されていくのは、女性のために洋服のデザインをしていたディオールだからということもあるでしょう。
そこには、彼女たちの望みを理解して、香水も作り上げていったからなのです。
寄り添うような香りは、新しい自己を発見するほどであり、今までに感じることがなかったような自信を身につけることができます。

独自の香りを作り出すことができる新たな試み

ジャドールは、付け方までも独自色です。
自分だけのカスタムメイドの香りを作り出すことができるのは、他にはない特徴といえます。
それも特に難しいわけではなく、たった3ステップでできるのです。

最初はボディケアラインによって、スキンケアをします。
これでほのかに肌から香り残すことができるようになるのです。
これが、ジャドールフレグランスの香りを高めることにつながり、持続することができるようになります。

次は主役です。
パルファンを少し肌に馴染ませるとジャドールの香りが生まれます。
付ける場所によって香りが変わり、その人ごとのオリジナルの香りを生み出すのです。
最後に5種類のジャドールから好きな香りをブレンドすれば、だれでもオリジナルな香りをまとうことができます。
こうした自分自身で行う調合を行う試みは、既成概念の殻から飛び出した新たなフレグランスの誕生です。

美しいボトルは卓越した技術のタッグだからこそ

ジャドールのボトルは、フェミニンで流れるようなシルエットを持っています。
ディオールのスタイルの代名詞とまでなったボトルなのです。
美しい曲線を描いたようなボトルでもあり、女性へのオマージュが込められているといえるでしょう。

まるで首飾りのような揺らぎを見ることもでき、宝石と黄金に加賀卓ゴールドの優雅さを思い浮かべます。
これも卓越した職人たちの技がそこにあるからであり、崇高と呼べるほどの完成度を誇っているのです。
それもそのはずで、バカラとディオール ハイ ジュエリーのアトリエのタッグだからこそ、実現した美しさがあるといえるでしょう。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

男性用の香りとしてオーソバージュが見せた進化

男性用として生まれたオーソバージュ

ディオールといえば、だれもが香水をイメージの一つとして持つことでしょう。
1947年に発表されたのがミス・ディオールであり、以降ディオールのファッションの歴史とも歩んできたといえます。
そんなディオールの香水には、男性専用がありませんでした。
そこで、初の男性用フレグランスとなったのが、今ではよく知られたオーソバージュなのです。

さらに進化させたフランソワ・ドゥマシー

オーソバージュの歴史は意外と古く、1966年に誕生しました。
ディオールの友人でもあったエドモン・ルドニッカが生み出すことになりますが、非常に力強い香りに仕上がっていくのです。
フローラルノートを使った力強い香りがメンズフレグランスを変えるだけの存在となっていきます。
強烈な個性を求めていた時代でもあったため、この時代を憂いていた若者たちから絶大な支持を得ていくのです。
それだけ時代は変革を求めていたといってもいいでしょう。

このオーソバージュの持つ香りは、ディオールのイメージとして強烈な印象を与え続けていきました。
ひとつの時代を象徴するという小さなものではなく、すでに時を超えて愛されるメンズフレグランスとして定着していくのです。
現代でもオーソバージュといえば、名香として知られ続けているのは、こうした長い時間愛され続けてきたからといえるでしょう。

2011年には、調香師フランソワ・ドゥマシーによって、さらなる香りが足されていきます。
オーソバージュのためだけに栽培されたカラブリアン・ベルガモットを使っていくことにより、これまで以上に魅惑的なシトラスノートがプラスされたのです。
これがより男性的で、魅惑的で魅力的な香りへと変化をつけることができました。

大人の香りと変わっていったオーソバージュ

こうした細かな作りが、もともとは若者の香りであったオーソバージュを大人の香りへと引き上げていったといっていいでしょう。
ダンディな紳士に似合う香りとなり、イメージもだいぶ変化してきたといえるのです。

ただし、ボトルに関しては発表以来変わらないものを使っています。
かなり珍しいことですが、かのピエール・カルダンがデザインしたボトルなのであり、これをディオールがこよなく愛していたのです。
携帯用のウイスキーの酒瓶がインスピレーションとなり生まれたボトルは、全体にドレープ加工がほどこされ手織り、光の当たり具合で独特の反射をするため、とても美しいデザインということもあるでしょう。
時代は変わってイメージは変わっても、ボトルだけは残っているのもディオールらしい特徴いえるのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ディオールの香水のシリーズとして高い人気を誇るアディクト

人気のアディクト

ディオールといえば、やはり香水を切り離すことはできないでしょう。
その中でも、アディクトはとても人気の商品です。

もともと、さまざまな商品が販売されてきたアディクトですが、すでに廃盤となり統合されたものもあります。
逆に名称だけ変更になったものもありますので、注意が必要です。

その中でも、アディクト2は人気の高い商品でした。
ボトルもピンクの瓶でおしゃれであり、フローラルな素晴らしい香りで人気だったのです。
現在では名称が変わり、アディクト オー フレーシュとなっています。
実際に名称は変わりましたが、配合自体は同じものとされており、香りは同じものになっているのです。
それでも、本当に鼻が利く人には、微妙に違いがあるといわれていますが、そこまで気になるほどの違いとは言えません。
ただし、古いオー フレッシュは廃盤となりました。

サンダルウッドの香りが心地よささえ感じさせる

いまアディクトのラインといえば、オードゥ トワレでしょう。
女性の自由という部分をテーマとした香りで、自由奔放に人生を謳歌するという香りになっています。
はつらつとしていながら、しっかりと洗練された香りは、余計な甘さがありません。
フローラル ウッディの香りに仕上がっています。

特にサンダルウッドは、かなり刺激があります。
サンダルウッドは、深みのある香りです。
どこかに甘味を感じることもありますが、日本人菜ならなじみの深いお香の香りに近いと感じるかもしれません。
緊張を鎮めたいというときにも効果がある香りで、心地よさを感じることさえあるはずです。
年々、質も香りも向上して行く数少ない香りともいわれています。

さらに、マンダリンやジャスミン、チュニジアン ネロリをブレンドしてあるのです。
この配合こそがディオールなのであり、非常に落ち着いた香りをまとうことができるようになっています。

ディオールの魅惑的な世界

このオードゥ トワレとともに、オードゥ パルファンやオー フレッシュも発売されています。
オードゥ パルファンは、さらに刺激的でありながらも官能的な香りです。
かつてのヨーロッパの画家が憧れたようなオリエンタルな世界のかおりで、バニラがベースノートになっています。
そこに、柑橘系のオレンジの香りとジャスミンの香りが出会うことによって、魅惑の世界が出来上がるのです。
こうした香りの調合を一度でもまとってみると、二度と離せなくなって行くことでしょう。
それが、ディオールの魅力でもあるのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ひとときでもリッチな気分になることができるディオールのシャンプー

特別な香りに包まれることができるディオールのシャンプー

香りの中に包まれたいというときには、ディオールは最適なブランドでしょう。
ですが、ひとときでも普段とはちょっと違うリッチな雰囲気にしたいと思うのであれば、シャンプーをつかってみるのも一つの方法です。
素晴らしい香りが漂いますので、使うだけでいつもとは違う感覚になることができます。
浴室には1本置いて、何かあったときには特別な気分になってみるというのもいいのではないでしょうか。

髪の毛にあっているか試してから

ディオールには、さまざまな商品がありますが、その中でもシャンプーはかなり特殊な部類でしょう。
髪を洗うということを考えても、ディオールのイメージとはちょっとずれてしまう感じがするかもしれません。
ですが、スキンケア商品も多数販売しているのがディオールです。
ハイヤー ボディ アンド ヘアー シャンプーは髪の毛のことを考えても、しっかりとした作りになっています。

ですが、どうしてもシャンプーを専門に作っているところと比べると、髪の洗い上がりは未取してしまうかもしれません。
ちょっときしんでしまうようなことが起きこともあります。
シャンプーには、相性というものがあるため、どうしてもこうした事態が起きることも考えておかなければいけないでしょう。

その代りに、ディオールとして香りは最高級のものがあるといえます。
髪を洗うだけで、素晴らしい香りに包まれるということを考えると、それだけでも幸せな気分になることができるでしょう。

髪の毛の仕上がりということでは、女性だけではなく男性が使うほうがあっていると感じることがあるはずです。
しなやかなロングヘアの場合には、ちょっと試してから本格的に使ってみたほうがいいでしょう。

髪の毛から漂ってくるほのかな香り

髪の香りというものはとても重要です。
日本人は香りに敏感で、食事の席などでは香水の香りは極端に嫌います。
ところが、ちょっと動いたときに感じる髪の香りが嫌いという人は少ないでしょう。

本来香りというものは、ほのかに感じるからこそ反応を示します。
あまり強烈に香ると、それがどんなに高級なものであっても、嫌になってしまうものなのです。
その点で、ディオールのシャンプーは、ほのかな香りを建てることができるのです。
さわやかな香りが、周囲に爽快感を漂わせることができるということを考えても、特別な一本として、浴室に置いておきたいと感じることでしょう。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/