エディ・スリマンの大きな関係と後任のクリス・ヴァン・アッシュ

エディ・スリマンとロック

ディオール・オムのデザイナーであるエディ・スリマンは、これまでにないスタイルを確立したデザイナーといっていいでしょう。
全く振るわなかったディオールのメンズラインをトップブランドにまで引き上げたのですから、その発想力も尋常なものではありません。
そのエディ・スリマンの発想のもとは音楽業界にあります。
非常に強い発想の源泉であるのは、ブリティッシュ・ロックの再生支援をしているほどであり、ここに美意識を求めていることは明白だからです。

実際に音楽業界の中にもエディ・スリマンのファンが多数います。
ミック・ジャガー、エルトン・ジョン、デヴィッド・ボウイ、ブライアン・フェリーといった超がつく大物たちです。
だれもが一度は名前を聞いたことのあるトップアーティストたちが、エディ・スリマンの名を上げるほど、コアなファンが多数います。
この流れは音楽業界だけではありません。
ハリウッドスターの中にも多数のファンを抱えています。
それもブラッド・ピットやオーランド・ブルーム、ユアン・マクレガーなど、こちらもだれもが知っているような人たちがディオール・オムを愛用しているのです。

スリマンのスキニーなスタイルは、ロックだけではなくアーティストたちと融合することで、メンズウェアを変えていったといっていいでしょう。
これだけ明確なコンセプトを与える存在は、非常に稀有なブランドといえるのです。

エディ・スリマンの突然の退任

エディ・スリマンは、就任から7年たった2007年に突然退任してしまいます。
ディオールだけではなく、ファッション業界全体に大きなニュースとなりました。
これだけディオール・オムを大きくし、ファッション業界にインパクトを与えた存在です。
普通に考えれば、どこかに移籍するのか、自分自身のブランドを立ち上げるのかというのが普通の考え方でしょう。
ところが、なんとエディ・スリマンの選んだ選択は、フォトグラファーに専念するということだったのです。
これはこれで、大きなインパクトを残すこととなりました。

後任となったクリス・ヴァン・アッシュ

ディオール・オムの後任は、スリマンのもとにいて才能を磨いたクリス・ヴァン・アッシュがつきます。
エディ・スリマンがイヴ・サンローランにいた時代からアシスタントをしてきました。
スリマンのディオール移籍の際にも後を追ってきた関係です。
非常に強いスリマンの影響を受けたデザイナーでもあり、ロックテイスト溢れるDNAを引き継いだといってもいいでしょう。
そこに、独自のクラシカルなセンスを融合させ、エレガントな路線を作り上げてきているのです。
エディ・スリマンの与えた衝撃は論外としても、クリス・ヴァン・アッシュもかなりのインパクトを残しています。
これから先のディオール・オムは、安定した成長を遂げることができるだろうといわれるゆえんなのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>