イブ・サンローラン

クリスチャン ディオール

イブ・サンローランについて
  • 1957年、イヴ・サンローランが弱冠21歳で主任デザイナーに抜擢される。
  • 1960年 – 主任デザイナーにマルク・ボアンが就任。
  • 1961年 – 「スリムルック」発表。
  • 1967年 – 「サファリルック」発表。
  • 1968年 – パルファン・クリスチャン・ディオールがモエ・へネシー(現・LVMH)に買収される。
  • 1970年 – 「マキシルック」発表。
  • 1978年 – 親会社のマルセル・ブサック・グループが倒産するが、流通大手のウィロ兄弟によって救済され、アガッシュ=ウィログループに入る。
  • 1984年 – ベルナール・アルノーがフランスの投資銀行「ラザール・フレール」と組んでマルセル・ブサック・グループを買収する。
  • 1985年 – グループ傘下のクリスチャン・ディオールを手に入れ、アルノーが社長となる。
  • 1989年 – 主任デザイナーにジャンフランコ・フェレが就任。
  • 1990年 – アルノーが LVMH の社長に就任。
  • 1996年 – ジョン・ガリアーノが主任デザイナーに就任。
  • 2001年 – 「ディオール・オム」の主任デザイナーにエディ・スリマンが就任。
  • 2003年12月7日 – 日本の東京都表参道にクリスチャン・ディオール表参道店をオープンする。
  • 2007年3月16日 – 日本法人副社長のフランス人男性夫婦が麻薬を密輸しようとしたとして、麻薬取締法違反で逮捕。同社を退職した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>