ディオールの伝統が息づくオープンバー

クリスチャン・ディオールが作ったディオールの伝統

ブランドイメージというものだけを考えても、一朝一夕で作り上げられるものではありません。
これは、ブランドとしての成長も意味し、長い歴史を積み重ね、伝統として行くことで出来上がっていくものなのです。
作り上げようとしただけでは、熟成することはありません。
ディオールの伝統ということを考えた場合、故クリスチャン・ディオールは、わずか10年ほどで築き上げていきました。
この過去の積み重ねがあったからこそ、ブランドとして成長し、良さを作り上げていったといっていいでしょう。
わずか10年か、貴重な10年なのです。

ニュールックの息使いがみえるオープンバー

オープンバーは、クリスチャン・ディオールのデビュー当時のデザインを参考にでき上がっています。
世界にその名を知らしめることとなるニュールックの伝説的なバージャケットのシルエットが、その根幹にあるのです。
とてもエレガントに見えるのも、発想のもとがしっかりしているからでしょう。
バージョケットのシルエットは、8の字のシルエットです。
ニュールックの特徴といえば、建築的ともいうべき構造的なデザインにあります。
コルセットを最大限使い、女性の最も美しいシルエットを引き出すことを基本としていたのです。
ウエストを絞り込んだようなフォルムをバッグのサイド部分に用いることで、オープンバーは現代のバッグに再現して見せたといっていいでしょう。

その絞りも金具によって行われているため、外せば大きなマチをとることができるのです。
バスケットバッグのように、大きく雰囲気を変えられるのも現代的なデザインといえます。
ニュールックという点では、ウエスト部分の絞りをエッセンスとして取り入れましたが、現代の生活様式ということを考えると、あのような堅いスタイルは受け入れられないはずです。
それをバッグにいかして見せたのですから、現代のデザインセンスは当時に蒔けていないといえるでしょう。

機能性の高さが光る

オープンバーの素材感は、非常に柔らかくできています。
ディオールの特色ともいえますが、柔らかくそして軽いのです。
用途としてもハンドバッグにもショルダーバッグにも対応させることができ、大きくマチを広げることもできるのですから、普段からの使い勝手もいいでしょう。
メゾンの伝統的なスタイルが現代に生き、さらにコンテンポラリーな要素をプラスしてきたことは、やはりラフ・シモンズは高い能力を持っているといえるのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ディオールの遊び心と実用性が見て取れるパナレア

エレガントでありラグジュアリーであるパナレア

ディオールも毎年コレクションで新しいバッグを発表してきました。
パナレアも2009年の秋冬で発表されたバッグです。

ディオールの代名詞といえば、やはりキルティングのパターンでしょう。
それほどディオールのデザインといえば定着しているのがカナージュステッチなのです。
パナレアも全体にカナージュステッチがほどこされています。
いかにもディオールらしい、エレガントとラグジュアリーを備え持つデザインとして出来上がっているのです。
この辺りのディオールの作り方は、超一級品であることがわかるでしょう。

遊び心あふれるロゴチャームの存在

パナレアには、ディオールの象徴ともいえるロゴチャームが取り付けられています。
しかし、他のものとは少し違いがあるのです。
それは、Diorのロゴである4文字のメタルチャームであることは、そこまで違いがあるわけではありませんが、パナレアのチャームはDが大きく誇張されているタイプになっているのです。
それが、2014年に発表されたニューバージョンになると、今度はOが大きく誇張されたチャームになりました。
小さな違いではありますが、こんなところにもディオールらしい遊び心が隠れていたりするのです。

パナレアは、遊び心だけのバッグではありません。
フォルムもしっかりと作られていますし、カナージュのダイヤモンドのステッチが映えるようにデザインされています。
両サイドに配されたベルトもアクセントになっていますが、少ししててあげると、ステッチが浮き出て見えるのです。
こうしたアクセントの使い方は、エルメスだからこそできる部分でしょう。

使う側の意識を考えた機能性

スタイリッシュなフォルムにカナージュのダイヤモンド型のパターンは、ディオールが最も得意とするところでしょう。
とても魅力的であり、アクセントもうまく使っているのがパナレアです。

ですが、見落としてはいけないのが、パナレア最大の特徴ともいえる機能性でしょう。
デザインアクセントともいえるサイドのベルトをうまく使うことで、内側にあるホックの機能が変わります。
これでバッグの形を変えることが出来るため、ハンドバッグでもショルダーバッグにも変化させることができるのです。
非常に使い勝手のいいトートバッグであり、ライニングにはナイロン素材が使われているため、実用性はかなりのレベルになっています。
使う人のことを考えた、素晴らしいデザインであることは間違いないのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ディオールのバッグの集大成として受け継ぐディオール・ソフト

ディオールの意識を受け継ぐディオール・ソフト

今まで数多くのバッグがディオールにも生まれてきました。
多くのデザインがあり、ボツになったものも含め、さまざまな特色を見せてきてくれたことは間違いありません。
ディオール・ソフトは、そんなディオールのバッグたちの集大成ともいえる存在で、さまざまな要素を持って生まれたのです。
その要素の一つとして、全体を覆うカナージュを見てみるといいでしょう。
ディオールといえばカナージュといわれるようになりましたが、もとは18世紀のナポレオン3世スタイルの椅子に施されていたステッチです。
このステッチの美しさに魅了されたクリスチャン・ディオールは、この椅子を購入しモンテーニュ通りのブティックに置きました。
さまざまな人の目に触れることにより、ディオールのカナージュステッチも認知されるように変わり、象徴となっていくのです。

ナポレオン3世の椅子とカナージュ

ナポレオン3世の椅子のステッチであったカナージュ自体は、クリスチャン・ディオールのオリジナルではありません。
それが、あまりに気に行ってしまったことにより、だんだんとディオールのアイコンともいえるデザインへと変貌していくのです。
ディオール亡き後は、クチュリエによってカナージュが受け継がれ、コレクションにも登場していくのです。
ディオールで最も有名といってもいいバッグのレディ・ディオールは、このカナージュがあるからこそ、象徴として行き続けているといえるでしょう。
ディオール・ソフトに関しても、このカナージュステッチが前面に押し出されています。

ディオールの集大成として

ディオールのバッグに必ずと言っていいほど付いているチャームがあることで、ハンドルの片側をエレガントに見せることができるのです。
ラグジュアリー感も高めることができるのは、このチャームの良さといっていいでしょう。
いつしかディオールの代名詞となり、象徴ともなりました。

こうした2つのディオールのアイコンをディオール・ソフトは完璧に受け継いでします。
使いやすさもポイントで、典型的な長方形のフォルムを持っているのです。
ショッピングバッグから発想を得てきたものですが、内部構造は3つのコンパートメントに分けてあります。
これにより、収納も整理もしやすくなっているのです。

ディオール・ソフトは、見ためだけのバッグではありません。
細部にまでディオールの良さを受け継ぎ、集大成として作られたようなバッグですので、使う人を満足させてくれるのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

シンプルな中に美しい革のデザインが光るビー・ディオール

ラフ・シモンズが作り上げたビー・ディオール

ディオールのデザイナーであるラフ・シモンズは、非常に高い人気のラインを生み出してきています。
その中で、2014年の秋冬コレクションに発表したのが、ビー・ディオールです。
ラフ・シモンズの手掛けるディオールのアイコンバッグであり、オスカー女優であるジェニファー・ローレンスを起用しました。
それも、女神ミューズ女神として起用したのですから、ディオールが本気で力を入れてきたということがわかるでしょう。

ディオールということがわかるチャーム

ビー・ディオールを見ると、非常に洗練されたフォルムのフラップバッグになっています。
シンプルなデザインにすることによって、ディオールが厳選して選んだ素材の良さを活かすことができるようになっているのです。
シンプルな造りだからこそ、モダンなシルエットになっていることは間違いありません。
下手にいろいろなものをつけてしまえば、落ち着きのない小うるさいデザインとなってしまうからです。

構成ポイントとしては、2つ抑えていることは間違いありません。
そのひとつはDiorのロゴでしょう。
それぞれの文字を4つぶら下がる形にしたチャームは、レディ・ディオールでも採用されているデザインです。
一つひとつの文字がはっきりとわかるようになりますが、重なることで立体感も出してくれます。
組み合わせを見るだけで、これがディオールということがわかりますが、Diorと文字を並べていないところに遊び心もありますし、デザインセンスも隠れているのです。
メタルとレザーがありますが、4つの文字が揺れる姿は、スタイリッシュであり、クールな印象を作り出すことができます。

シンプルすぎる人には刺繍もあり

もうひとつが、スモールバッグなのにもかかわらずメタルパーツでつながれた大きなU字型のハンドルでしょう。
バッグとの間で大胆なコントラストになっており、ビー・ディオールの存在感を高めているのです。

素材としてスムースレザーやカーフレザーだけではなく、トリヨンレザー、パイソンレザーといった高級素材を使っているのも見逃せません。
上質な革を使うことによって、質感を高めた上品なバッグに仕上がっています。
職人の技がひかり、そのディテールを楽しむことができるバッグですが、エンブロイダリーのはいったものあります。
全体的にはシンプルなことは間違いありませんので、濃いデザインにしたいという人は、バリエーションまで考えてみるといいでしょう。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

レザーの美しさが光るエルメスのプロメナード

カナージュステッチが美しいプロメナード

ディオールにとって、絶対的な位置にあるのがカナージュステッチであることは、だれも否定することはないでしょう。
これを見ただけでも、ディオールであることがわかるはずです。
そのカナージュステッチを採用したのが、プロメナードになります。

プロメナードは、カナージュステッチが全面に施されたクラッチバッグです。
カナージュは、格子状のステッチのことであり、縦横斜めのラインが織りなす複雑なステッチがダイヤモンド型のキルティングを生み出しているところに特徴があります。
現代のディオールにおいて、象徴的な存在ともいえるでしょう。
そのカナージュを余すことなくデザインに取り入れているプロメナードは、メタルのクリスプも使っています。
一瞬で目を引く部分ですが、伝統的なカナージュに対してメタルのクリスプが入るだけで、とてもスタイリッシュに見えるようになるのです。
洗練されたスタイルが構築され、細めの目たるチェーンとともに、プロメナードのデザインを完成させているといえるでしょう。

刺繍には十分注意

ディオールのレザーといった場合、さまざまな特徴があるということも忘れてはいけません。
カナージュステッチというのは、ディオールの中でひとつのパターンでしかないのです。
他にも、シャドーエフェクトやエンブロイダリーもディオールらしい部分でしょう。
プリントのようなバリエーションもディオールでは持たせるのです。
カナージュパターンがシンプルだと思う人には、エンブロイダリーやプリントを選んでみるのもいいでしょう。
上質なレザーを使っているディオールですので、刺繍が施されたりするだけで、高級感を維持したまま面白みのあるデザインに仕上がります。
他の人と差を付けたいという時には、こうしたポイントを抑えるだけでも違いが生まれてくるのです。
ただし、刺繍が施されているものは、必ず出っ張ってしまいます。
これが立体感を生み出すわけですが、引っ掛けてしまうことも出てくるのです。
そこまでシンプルでもないため、飽きやすいということも考えておくといいでしょう。

独特のカラーリング

プロムナードのもうひとつの特徴は、シャドーエフェクトパターンです。
エナメル素材を使っているからこそできることですが、オレンジのようなカラーリングを入れることで不思議なカラーを作りだしています。
奥行きを作ることができるようになる不思議なカラーリングですが、他ではなかなか見ることはないでしょう。
フラップとベース部分に影のように色の差を作りだすというのもかなり特殊です。
これだけでも大きな価値があるといえますので、一度手に取ってみてもいいでしょう。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

レディ・ディオールというディオールに欠かすことのできない大きな存在

ディオールにとって重要なレディ・ディオール

ディオールというブランドにとって、レディ・ディオールという名前は欠かすことができないものです。
ディオールのアイコンともいうべき存在であり、ブランドの顔になっていることはよく知られていることでしょう。
レディ・ディオールは、ディオールの中でも最も知られた存在でもあり、これこそがディオールであると呼ばれるほど重要な位置にもあるからです。
そのレディ・ディオールには財布があり、レディ・ディオールのDNAを強く継承した存在になっています。

伝統のカナージュステッチとともに

レディ・ディオールを象徴するものは、伝統のカナージュステッチにあるでしょう。
ディオールにとって欠かすことのできないデザインであり、これが財布でも取り入れられています。
カナージュパターンを見るだけでもディオールであるとわかる通り、上質なラムスキンや光沢のあるつややかなパテントレザーに入っているだけで、これがディオールであるとわかるはずです。
それがとても上品な形にまとまっているからこそ、これがレディ・ディオールの財布だということがわかるでしょう。

さらに、バッグでもなじみが深い、大きなOのDiorのロゴチャームが取り付けられています。
このチャームが採用されるだけでも大きなポイントなのですが、おしゃれなメタルのロゴにすることにより、財布をとても優雅に見せることができているのです。
チェーンも取り付けたことによって、財布としてだけではなく、ポシェットやミニバッグのように使うことまでできます。
こうした汎用性の高さも、ディオールらしい使い勝手の良さを表しているといえるでしょう。
もちろん、機能性だけではなく、デザインアクセントとしても重要です。
メタルチャームとの組み合わせてみると、これがとても華やかに映ります。
レディ・ディオールという名前を引き継いだということが、よくわかるデザインになっているといえるでしょう。

数々の派生を生み出してきたレディ・ディオール

レディ・ディオールといえば、ダイアナ妃が愛したバッグとして知られています。
1995年よりディオールの定番として定着しましたが、さまざまなバリエーションを生み出してきたのです。
カナージュ以外にも、ミラーパイソンレザーやパンチングレザーなどを使ったものもあり、レディ・ディオールとしての基本フォルムを生かしたまま進化したものもあります。
かなり、先進的なデザインへと進化したものまで、本当に多くの派生を生み出しました。
財布を購入する場合には、ディオールを代表するアイテムでもありますので、検討候補の一つに入れておくといいでしょう。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ディオールの初めての香水となったミス・ディオール

カトリーヌのイメージで

ディオールの歴史の一つとして、活躍し始めた当時のフランスは、ドイツの占領下にあった時代です。
そんな中、ディオールの妹であるカトリーヌは、ドイツにとらわれてしまいます。
その容疑は地下組織のレジスタンスに加担したということだったのです。
のちに解放されることにはなりますが、ディオールはその妹をたたえ、最初に作った香水にミスディオールと名付けることとします。
これが1947年のことで、前年にメゾン・クリスチャン・ディオールを設立したばかりでした。
この年にパルファン・クリスチャン・ディオールを設立した際の最初の作品が、ミス・ディオールだったのです。

ディオールに対するあこがれを作る

1946年にメゾン・ディオールをオープンします。
すぐにニュールックを発表し、世界中の女性を虜にすることになるのです。
ミス・ディオールも、このニュールックのドレスに合わせるように調合されました。
ニュールックのドレスを着た女性とすれ違うと、ミス・ディオールの香りがするのです。
美しい佇まいと香りという両面によって、ディオールのブランドとしての地位が確立されていくことに理ました。
だれもが振り返ってしまうような香りは、ディオールに対するあこがれと変わって行くのです。
それだけ斬新であり、当時ほかに存在するものがなかったといっていいでしょう。
先見の目を持ち、それを投入できたところが、ディオールであったといえるのです。

自由な気風の香りを

ミス・ディオールの香りは革命を起こします。
ニュールックと合わせ、モダンで洗練された香りをまとうことは、ひとつのあこがれになるのです。
その香りを作るためには、調香師ポール・ヴァッシュの存在が欠かせませんでした。
ポール・ヴァシェに依頼したことは、たったひとつだったといわれています。
それが、愛のようなフレグランスを作って欲しいということだったのです。
この問いに答えを出せるほど、ポール・ヴァッシュは優れた能力を持っていたといっていいでしょう。

エレガントな香りでありながらも、どこかにいたずらっぽさを感じさせるのは、妹カトリーヌの存在があったといっていいでしょう。
基調となっているのはグリーンフローラルで、そこに動物性の香料をブレンドしてあります。
シプレー系の香りが気品と優雅さをプラスしているのも、これまでの常識にとらわれない配合といえるでしょう。
これが、ニュールックを象徴する香りとなり、ディオールのもつ自由な気風を表現することとなるのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

エディ・スリマンの大きな関係と後任のクリス・ヴァン・アッシュ

エディ・スリマンとロック

ディオール・オムのデザイナーであるエディ・スリマンは、これまでにないスタイルを確立したデザイナーといっていいでしょう。
全く振るわなかったディオールのメンズラインをトップブランドにまで引き上げたのですから、その発想力も尋常なものではありません。
そのエディ・スリマンの発想のもとは音楽業界にあります。
非常に強い発想の源泉であるのは、ブリティッシュ・ロックの再生支援をしているほどであり、ここに美意識を求めていることは明白だからです。

実際に音楽業界の中にもエディ・スリマンのファンが多数います。
ミック・ジャガー、エルトン・ジョン、デヴィッド・ボウイ、ブライアン・フェリーといった超がつく大物たちです。
だれもが一度は名前を聞いたことのあるトップアーティストたちが、エディ・スリマンの名を上げるほど、コアなファンが多数います。
この流れは音楽業界だけではありません。
ハリウッドスターの中にも多数のファンを抱えています。
それもブラッド・ピットやオーランド・ブルーム、ユアン・マクレガーなど、こちらもだれもが知っているような人たちがディオール・オムを愛用しているのです。

スリマンのスキニーなスタイルは、ロックだけではなくアーティストたちと融合することで、メンズウェアを変えていったといっていいでしょう。
これだけ明確なコンセプトを与える存在は、非常に稀有なブランドといえるのです。

エディ・スリマンの突然の退任

エディ・スリマンは、就任から7年たった2007年に突然退任してしまいます。
ディオールだけではなく、ファッション業界全体に大きなニュースとなりました。
これだけディオール・オムを大きくし、ファッション業界にインパクトを与えた存在です。
普通に考えれば、どこかに移籍するのか、自分自身のブランドを立ち上げるのかというのが普通の考え方でしょう。
ところが、なんとエディ・スリマンの選んだ選択は、フォトグラファーに専念するということだったのです。
これはこれで、大きなインパクトを残すこととなりました。

後任となったクリス・ヴァン・アッシュ

ディオール・オムの後任は、スリマンのもとにいて才能を磨いたクリス・ヴァン・アッシュがつきます。
エディ・スリマンがイヴ・サンローランにいた時代からアシスタントをしてきました。
スリマンのディオール移籍の際にも後を追ってきた関係です。
非常に強いスリマンの影響を受けたデザイナーでもあり、ロックテイスト溢れるDNAを引き継いだといってもいいでしょう。
そこに、独自のクラシカルなセンスを融合させ、エレガントな路線を作り上げてきているのです。
エディ・スリマンの与えた衝撃は論外としても、クリス・ヴァン・アッシュもかなりのインパクトを残しています。
これから先のディオール・オムは、安定した成長を遂げることができるだろうといわれるゆえんなのです。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

世界を変えることになるメンズラインのディオール・オムとエディ・スリマン

ディオール・オムの誕生

ヨーロッパのラグジュアリーブランドといえば、シャネルをはじめレディース商品で大きくなって行きました。
ディオールを見てみると、ある転機にエディ・スリマンというデザイナーにあたります。
ここが転機であり、メンズウェアに革命を起こしていくことになり、ディオールの価値を大きく変える存在になって行くのです。

変化を与えたエディ・スリマン

2000年に、エディ・スリマンはディオール・オムのデザイナーに就任します。
ここからメンズウェアのトップにまで、あっという間に押し上げていくことになるのです。

ディオール・オムの前には、ディオール・ムッシュというメンズラインがありました。
あまり人気があるわけでもなく、とりあえず差別化させるという程度だったことは否めません。
それを2000年の就任以降、まったく別の存在にして行くのです。

エディ・スリマンは、1968年にパリ生まれです。
ルーブル学院で美術史を学ぶような人で、細身の自分の体型に合う服がなく、自分で作り始めるという研究熱心な人でした。
ですが、正式に服飾の教育を受けてはいないのです。
独特のスキニースタイルは、自分のために作り続けているといってもいいでしょう。

1992年から95年まではルイ・ヴィトンのモノグラム生誕100周年プロジェクトにも参加します。
サンローランのピエール・ベルジュに誘われ、1997年からイヴ・サンローランに移籍しますが、グッチの買収騒動でメゾンをさるのです。
その後ディオール・オムのデザイナーに就任することになります。
こういった生涯からも、一風変わった人だということがわかるでしょう。

皇帝も動かす大ブーム

エディ・スリマンがディオール・オムのデザイナーに就任してから、ディオール・オムは表舞台に駆け上がります。
エディ・スリマンを自由にさせることにより、世の中に衝撃を与えるコレクションを作り出していき、着るものを魅了するのです。

あまりに魅了してしまうスタイルは、皇帝カール・ラガーフェルドも動かします。
有名な逸話として、カール・ラガーフェルドがディオール・オムの服を着るために過酷なダイエットをしたという話があるほどです。
真意は別としても、それだけ多くの人を魅了する力があったといえるでしょう。
そして、社会現象化していくことになるのです。

モノトーンのカラーパレットやスキニーのとんでもなくシャープなシルエットで鋭いカッティングを用いるデザインは、女性からも支持を集めます。
世界中から支持を受けるようになり、多くのブランドが似たようなデザインを用いるようになるのです。
日本でもスキニースタイルがはやり出すのですから、遠くフランスの話ではなく世界中を巻き込むほどの衝撃だったといえるでしょう。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

クリスチャン・ディオールの多角化とライセンスブランド

クリスチャン・ディオールとココ・シャネル

フランスのブランドといえば、ルイ・ヴィトンであったり、エルメスが印象として深いでしょう。
ですが、もとをただすと、ルイ・ヴィトンはトランクを制作する会社でしたし、エルメスは馬具メーカーでした。
ラグジュアリーブランドにあとから参入してきたメーカーなのです。

ディオールといえば、シャネルとよく比較されます。
女性の解放を目指して打って出たシャネルに対し、第二次世界大戦中の混乱期から頭角を現してくるのがクリスチャン・ディオールだったからです。
ちょうどこの時は、ココ・シャネルが半引退状態だったことも大きな要因だったでしょう。
ディオールは、ニュールック革命を起こし、シャネルがさらに推し進めていった時代です。
女性的なファッションがオートクチュールの中心となった時代であり、ディオールは世界を席巻していきます。

多角化を推し進めるラグジュアリーブランド

ディオールとシャネルを比較する理由のもうひとつが、ココ・シャネルはクリスチャン・ディオールを敵とみなしていたことでしょう。
ココ・シャネルらしいことではありますが、ビジネスということで見ても、香水やバッグをビジネスにプラスしていくという点で似通っていたのです。
どうしても敵対視しなければ、自分の市場を失ってしまうという危機感を抱くのは、ココ・シャネルでなくても当然であるといえるでしょう。

ラグジュアリーブランドの多角化ということは、いい面も悪い面もあります。
多角化ということは、現在のラグジュアリーブランドでは当たり前のようになってきました。
革製品ブランドが中心だったのにもかかわらず、時計やジュエリー、化粧品に進出することは一般的です。
家具や飲食事業など別ジャンルに打って出るところもあるのですから、かわいいものでしょう。
ブランド力を利用して、採算性の高いビジネスを展開するのは当然のことなのです。
ディオールに関してパルファン クリスチャン・ディオールなど化粧品事業は成功であるといえるでしょう。

ライセンス事業とカネボウとの関係

ライセンス事業という点では、契約先が製造、販売を行ってくれる形ですので、収益を出しやすく、ヨーロッパで大流行しました。
ピエール・カルダンやバーバリー、ラルフローレンなど様々なブランドがおこないました。
その一方で、ブランドイメージの失墜などデメリットもあることがわかってきたのです。

ディオールも積極的にライセンスビジネスを展開してクリスチャン・ディオール時代には200を超えていたといわれています。
カネボウとライセンス契約は有名で日本にディオールを浸透させることに成功しました。
その一方で、品質的な問題やライセンスの無断拡張など大きな問題を抱えることになり、完全な成功とまでは言えなかったのです。
たしかに数少ないライセンス事業の成功者ではありますが、日本ではそこまでの印象ではなくなってしまうことになります。

ディオールの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/